名古屋にあるコンピュータの専門学校で学ぶ学生の毎日


by gakuseiblog

<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

学生ブログ第二弾!!!

こんにちは!

学生生活を赤裸々に語る『学生ブログ』
今回は、ゲームサイエンス学科三年生の西村あかねが書かせていただきます。

・今回のお話
 【ゲームサイエンス学科】留学生とのコラボ開発について

■西村あかね
プログラムに触れたことのない状態で入学!
二年生でコンシューマ(家庭用ゲーム機)を専攻、
三年生で次世代ゲーム開発ゼミを専攻しています。
今では3Dのゲームも作れるようになり、留学生とのコラボ制作をしています。






●トライデントの留学事情

トライデントは毎年、留学生を受け入れています。
期間は約2ヶ月!

毎年多くの留学生がくるので、海外の考え方を学ぶことができます。
ゲーム以外にも、文化の違いや生活の違いなど、
さまざまなことを知ることで、視野を広げることができます!

そして、トライデントから『シンガポール』や『フランス』に留学することもできます。
実際に私のクラスからも数人の学生が『シンガポール』に留学に行きました。

感想を聞いたところ
・日本とは違う文化に触れられてよかった
・ゲーム制作についての新たな知識を得られた
・若干英語に強くなった
という話を聞きました。

社会人になってからいくのはかなり難しいので学生のうちに体験できるのは、お得ですね!


●留学生とのコラボ開発について

現在、ゲームサイエンス学科の一部生徒は
『シンガポール』と『フランス』から来た留学生とゲームを作っています!

私たちのチームは、
日本人プログラマー 7人
日本人プランナー 2人
日本人デザイナー 2人
シンガポール人プログラマー 1人
シンガポール人デザイナー 2人
フランス人ゲームデザイナー 1人

の計15人の大所帯で、開発を行っています。

期間は約1ヶ月半です。

企画を立てる段階で何度か企画が破綻するなど、開始当初から問題は山積みでした。
その問題を解決する際に一番大変なのが、言葉の壁です。

絵や身振り手振りを駆使するのですが、それでもなかなか通じないこともあります。
そんなときは、日本語ぺらぺらな外国人の先生や英語ぺらぺらな先生に助けを請います。

そんな努力を私たちも留学生たちもしながら、意見をすり合わせます。

現在は企画も大方きまり、完成に向けて制作を続けています。
使い慣れない開発エンジンに戸惑ったり、言葉の壁があったり
決して簡単なプロジェクトではないのですが、とても楽しくやっています。

完成したゲームはまたどこかで発表するかもしれません。
その際は、ぜひ見に来てください!






最後に、もうひとつ!

7月上旬に、2015年度学園祭実行委員が活動を開始しました!
私は、今年度の実行委員長を勤めさせていただきます。

みなさんに楽しんでいただけるよう全力で努力していきます。
活動状況は、ブログやツイッターなどで報告していく予定です。
ぜひ、2015年11月28日(土)の2015年度学園祭に来てください!
お待ちしております!!

[PR]
by gakuseiblog | 2015-07-26 22:58 | ゲームサイエンス学科
 みなさん、こんにちは! 入学事務局です!
 今回は在校生ではなく、インターンシップに来てくれた高校生の方にトライデントを紹介するブログを書いてもらいました! 
 それではHくん、Mくん、はりきってどうぞ~~~!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

トライデントの紹介
 この2日間でさまざまなことを学びました。その中でも自分たちが特に興味を持っているCG、CADについて書こうと思います。

・CGスペシャリスト学科
 この2日間でCGスペシャリスト学科に特に印象に残っているのはプロになる確率が9割を超えているということです。その理由を自分たちの学んだ範囲で説明したいと思います。
 それは、デッサンなどの”アナログ教育”で「高い基礎力」を身につけていたことです。本日見学させていただいたデッサンの授業では、CG作成に向けて鉛筆や絵の具で物の形を正確にとらえる表現力を養っていました。
d0306379_19374718.jpg

d0306379_19385340.jpg

・CAD学科
 CAD学科では、AutoCadとCATIAの2つのCADソフトと取り入れていて、充実した実習が行われていました。見学したときにはCAD利用技術者試験の練習をしていて、資格取得に力を入れていました。そのような充実した環境により、高い能力を身につけ就職率100%という結果に結びついているのだと思います。

・まとめ
 いろいろ学ばせていただいた中でいくつかの共通点がありました。1つ例を挙げるとそれは基礎力を高めてから専門的な技術を習得しているということです。上に例として挙げたCGではデッサンを学ぶこと、CADでは手書きで図面を書くことで基礎力を向上させていました。このようにしっかりと基礎を学ぶことでその後の専門的な技術を学ぶ際によりスムーズに身につけることができるそうです。加えて、すべての学科に十分すぎるほどの設備が完備されていたので、プロになるための最短距離を進むことができるのがトライデントコンピュータ専門学校という場所なんだということを実感しました。

・海外研修
 シンガポールやフランスの留学生とトライデントの学生が協力して、ゲーム制作をしているところを見学しました。トライデントコンピュータ専門学校では、こうした国際交流に力を入れたイベントがありました。
d0306379_1939345.jpg


 明日の就業体験最終日にプレゼンテーション発表の機会をいただいたので、悔いの残らぬように頑張りたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Hくん、Mくんありがとうございました。プレゼンも本当に上手でした!
インターンシップは昨日終わってしまいさみしいですが、またぜひ遊びに来てくださいね!
3日間お疲れ様でした003.gif
[PR]
by gakuseiblog | 2015-07-08 17:15