名古屋にあるコンピュータの専門学校で学ぶ学生の毎日


by gakuseiblog

<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

CAD学科学生ブログ Part7

こんにちは、CAD学科の植村です。

CAD学科2年はクラス全員内定いただきました!!
異例の早さらしいです、やはりCAD学科の強みは就職率だと自信をもって言えます。
就職活動については前回書いたので、これくらいにして・・・

3D-CADの課題をやっている姿を紹介します。
d0306379_2125436.jpg

授業で出た課題は自分で考えて、クリアしていきます。
CADは人それぞれやり方が違ってくるのがおもしろいところです。
より簡単に,単純に考える頭の使い方ができると速く終わります。

d0306379_2126157.jpg

これはマウスですが簡単そうに見えませんか?
しかし、実は丸みを帯びていたり流線型のものをCADで作るのは大変です。
案外簡単そうに見えるものでも難しいものがたくさんあり、CADはとても奥が深いのです。
[PR]
by gakuseiblog | 2013-06-27 15:18 | CAD学科
どうもこんにちわー。CG科の今井です。
今日は前回の記事でもちょこっと触れた逆デッサンについて書きたい思います。

逆デッサンとは、黒い画用紙に白い鉛筆にデッサンをすることです。
普通のデッサンとは白黒のことをするので、うちの学校では逆デッサンとよんでいます。


さて、デッサンをする教室がこちらのF36教室!!
この学校の中でも一番広い教室です。
今は1クラス分で授業をしているのでスカスカですが、
1年生の時は1・2組合同で約50人の生徒がデッサンできちゃうくらいの広さです。
写真には写ってませんが、後ろの棚にモチーフがいっぱい並んでます。
d0306379_18254328.png
そして注目してもらいたいのは上の照明です。
普通の蛍光灯と違って、
一方方向から光が当たるようになっているデッサン用の照明です。

F36教室の他に、F32教室もデッサン用の照明がついています。
コンピュータの学校ですが、デッサンにとっても力を入れているのが分かりますね005.gif

普段なかなか気付かないと思うので、オープンキャンパスなどでデッサン室に来たら
是非天井を見てほしいなーっとおもいます!豆知識です(笑)



話がずれましたが、こちらが作業風景です。梅雨時期なので傘が至る所にあります。
d0306379_18251591.png
デッサンは自分で構図を考えながらモチーフを組み、光の向きなどを調整しなければなりません。
鉛筆を持つ前から、既にデッサン力が試されます…。←
今回は、初の逆デッサンなのでみんな戸惑いながらも自分なりに表現をしていきます。
黒画用紙を活かして、バックに黒をもってくる構図に挑戦している人も多かったです。




さて教室前の廊下では、何やら絵を壁に立て掛けている人たちが…!
d0306379_1826134.png
一見、授業を抜け出しサボっているようにも見えますがこれがとても重要な事なのです。
普段、座ったままデッサンをしていると、どうしても自分がとった形を信じ切ってしまいます
ですがこのように遠くから見て、
自分の絵を「客観的」に見ることで、形の狂いを発見できます。

ちょっと信じられないような話ですが、遠くから見ると
「出っ張るところが凹んで見える!?」
「遠くに置いてある物が、手前の物と同じ距離に見える!」
「黒い色を濃く塗ったはずなのに、実際はすごく薄くて絵が白かった!」
なんてことが分かっちゃいます。不思議ですね。

皆さんも「今日、自分めっちゃ上手くイラストを描けた!」という日があり、
次の日に、その絵を見ると「ん?昨日上手い絵描いたと思ったけど全然下手じゃね?」
と思った経験がある人もいるとおもいます。
それが実は自分の絵を「客観的に見る」ということなのです。


さてチャイムが鳴って休み時間に入ると、みんなが色んな人の絵を見に行きます。
d0306379_18245871.png
こちらでは、生徒自身が絵のアドバイスをしています。
「手前の部分の距離感が少ない」や「ここの質感がちょっと違うから直したほうがいい。」
など、お互い厳しい意見をぶつけ合います。先生みたいですね。

仲間同志、馴れ合いで終わらない環境をつくることが絵を上達させる方法でもあります。
友達とはいえみんな容赦はしません(笑) 
もちろん絵の件に関してだけなので、普段はみんなとっても仲良しですよ029.gif



休み時間が終わりまた廊下に行くと、今度は座り込んでいる人がちらほら。
d0306379_1257541.png
微妙な明るさや、距離感・雰囲気を、
遠くに行ったり描き起こしたりして、調整を繰り返しています。
場合によっては1mmで絵は大きく印象を変えてしまうこともあるんです。




そしてチャイムが鳴り、イラスト技法(2限分)の授業は終了です。
するとわらわら人がまた廊下に集まってきました。
d0306379_18261897.png



みんなで絵を並べて生徒同士でプチ講評会です。
初めての逆デッサンですがみんなそれぞれの描き方で仕上げました。
来週は本当の講評会なので楽しみですね。
d0306379_18255369.png

最後にハイ、チーズ。
d0306379_1826425.png


ちょっと余談。
オープンキャンパスで高校生の方から「男女比」の質問が多いので答えちゃいます!

本校はコンピュータの学校なのでどうしても全学科あわせてみると男子が多いです。
しかし今日の記事の写真を見てわかると思いますがCG科は女子が多いです。

年によって違いますが、男女比がだいたい1対1(か男子がちょっと多い)くらいなので、
「同性の子が居ない…」なんて心配はないので安心ですよ001.gif
[PR]
by gakuseiblog | 2013-06-25 18:26 | CGスペシャリスト学科
どうも、高度情報学科2年の田中です。


ぼくたち2年生はそろそろAndroidで何か作ろう!という
作業が待っています。
何を作ろうかなど悩み悩み、仲間たちと模索しているところです。
情報系blog第4回でご紹介いたしました伝説の男、ドラゴンさんも
悩んでいましたね。
(この前フリ、少し強引だったかな...)
そんなわけで、今回は『全国スマートフォンアプリコンテスト 2012-2013』
輝かしい功績を残した先輩たちに注目したいと思います。

トライデントのWebでご紹介したページへいくリンクを貼りました。(ヒィアウィーゴォー!!)
コンテストのトライデント記事
今回は我が尊敬、敬愛する先輩方のご活躍をご紹介しました。ヽ(´3`)ノ ソンケイ!ソンケイ!
いやぁ、ぼくも休日がんばらないとなぁ(汗)
まぁリンク先でほぼ伝わってしまうので今回は短いblogになってしまいました。


しかし!先輩方が受賞されたこのアプリ、
なんとトライデントのオープンキャンパスのIT・プログラムコースの教室にて
展示しております。
もちろん、体験できます!
他にもこんなにも、いろいろなアプリが作れるんだというのを
体感できます。
少しでも興味が出たら見に来てみてください!


それでは・・・(今回:先輩をワッショイ、ワッショイ持ち上げる...)
070.gif第7回終わり!070.gif
[PR]
by gakuseiblog | 2013-06-21 13:13 | 情報系学科

業界の方との出会い

お久しぶりです!Webデザイン学科2年の木下です。

今回は、Webデザイン学科の「業界研究」という授業についてご紹介しようと思います。

業界研究という授業は、業界で活躍されているクリエイターの方に依頼し講演をしていただくというものです。
この授業の最大の特徴は、依頼のメールから当日の運営、そして懇親会の手配まで全て学生が行うというところです。

そして今回、僕達のチームが講演の依頼に成功しました!!
お招きしたのは、面白法人カヤックでWebデザイナーとして活躍されている佐藤ねじさんです!!

最近だと「すごいWEB」というサイトが話題になっていました。
すごいWEB ⇐ サイトはこちら

ねじさんは誰も思いつかないようなアイデアの作品を次々と発表していて、今回はそのアイデアの発想法が知りたくて、お招きしました。
僕の大好きなクリエイターの一人です!

講演会後には懇親会も行いました!!
ここでしか聞けないようなディープな話がたくさん聞けたりと、本当に楽しかったです!!

d0306379_1823056.jpg

懇親会でのねじさん


d0306379_182741.jpg

ねじさんとのツーショットも撮らせてもらいました(笑)

この授業では、業界の憧れの有名人と出会えて、その人と直接お話しできる貴重な体験が出来る授業です!!
[PR]
by gakuseiblog | 2013-06-20 17:55 | Webデザイン学科
こんにちわ。

ゲームサイエンス学科の森田です。

今回は2年生にインタビューしちゃいました。

現在の2年生は「Unity」「3DS」「MOBILE」の3クラスに分かれています。

軽く説明をした所でいっちゃいましょう。

1.どんな勉強(制作)してるの?
MOBILEクラス U.K君
 ANDROIDのアプリ制作やWEBページ制作の基礎を勉強していますね。
 CESAのアマチュアゲーム大賞に応募するゲームの詰めもやってます。
 
UNITYクラス F.I君
 ゲーム制作の雛形制作や、魔法陣やメテオ等の派手なエフェクトの作り方を学んでいます。
 MOBILEクラスと同じく、ゲーム大賞に応募するためのゲームの詰めもやってます。

3DSクラス Y.H君
 基本的にUNITYクラスと同じ感じですね。
 私ではありませんが、WindowsPhoneでゲームを作ってる人もいますよ。
 早く3DSの制作やりたいです。


2.なんでそのクラスを選んだの?
MOBILEクラス U.K君
 今後スマホがアツイと思っていたからというのと、通信関係に興味があったからです。

UNITYクラス F.I君
 コンシューマゲームの制作をしたかったのですが、3DSは少し違うなと思ったのでこのクラスにしました。

3DSクラス Y.H君
 3DSが好きで、3DSでゲームを作ってみたいと思っていたのでこのクラスにしました。


3.今後の目標はなんですが?
Y.H君
 FUKUOKAゲームインターンシップに参加したいです。


ーーーーーーーーーー

こんな感じで、みんながんばってるみたいです。


CESA用のムービー編集で先生にアドバイスをもらっています。
d0306379_132513.jpg



話は変わりビックニュースです。

なんと!!
カプコン内定者の方がメッセージを下さりました。
超有名なゲーム会社ですので心準備をして下さいね!



d0306379_1331676.jpg


R.Aさん「ゲームで遊ぶことが好きなのではなく、ゲームが好きな事が大切です。」



とても深いメッセージで私も納得してしまいました。
覚えておくと役に立つかも?



次回は、ゲームサイエンス学科から少し離れて
僕が所属しているサークルに突撃取材してこようと思います。


それでは次回も見てね!
[PR]
by gakuseiblog | 2013-06-17 09:00

CAD学科学生ブログ Part6

こんにちは、CAD学科の植村です。
前回は木下君にお願いしたので、1ヶ月ぶりの更新となりますね。
前回更新の時は、就職活動で忙しく更新できませんでしたが、無事内定をいただくことができました。

さて、僕が所属するCAD学科2年生は続々と内定をいただいております
CAD学科は毎年就職率が高いことが特徴です。
今年もすでにクラスの半分以上が内定をいただいてます。

CAD学科内定者コメント

しかし、努力しなくても就職できるというわけではありません。
就職活動に向けてマナーや言葉遣いに気をつけ、しっかりと企業研究をしているからこそ高い就職率を誇っているのだと思います。
また、トライデントでは就職サポートの先生がいろいろなアドバイスをくださるので、就職活動に専念することもできるので安心です。
[PR]
by gakuseiblog | 2013-06-13 13:50 | CAD学科
どうもこんにちわ。今井です。
このブログも早第5回目!!
ネタ探しに毎回頭を悩ませているわけですが、
今回は「CG科が使っている画材・ソフト」を紹介したいと思います!


まずはアナログから。
おなじみ鉛筆です。
皆さんがよく知っているHBや2Bなどのほかに、
HやFなど、6H~6Bの計14種類の硬さの鉛筆を主に使用してデッサンをします。
d0306379_18294321.png
これはデッサンというよりは写真模写ですが、鉛筆だけで描きました。
1年生の秋頃の作品ですが、毎年この自画像課題で学内コンペを行うのが恒例行事です。
入賞すると豪華景品がもらえます!(私は入賞できませんでした…)
d0306379_22363395.png
↑実際に去年選考前に撮った写真ですが、かなりハイレベルな戦いです(笑)
4月に初めてデッサンをした初心者たちが半年でここまでになるなんて驚きですね005.gif



さらに、最近では先週でも紹介したイラスト技法の授業で、
黒い画用紙に白い鉛筆でデッサンをしています!
(この学校では逆デッサンと呼んでいます)
d0306379_18291689.png
まだまだ製作途中なので、また講評会になったらこのブログで報告したいと思います。
いつものデッサンは黒い鉛筆で「陰(影)」を描きますが、
今回の逆デッサンは白の鉛筆で「光」を描き起こさなければいけないこと、
使用する鉛筆の硬さが1種類しかないのでとても難しいです008.gif



次に紹介するのが、アクリルガッシュです。
こちらは、着彩デッサンやイラストなどに使います。
d0306379_18293318.png
アクリルガッシュは、厚めに塗ると油絵具のように、
水によく溶いて薄くぬると水彩絵の具のようになる万能画材です。
乾いて固まると取れなくなってしまうので、パレットにはプラスチックではなく
使い捨てのペーパーパレットを使います001.gif



そして次からはデジタルのソフトについて紹介します。
こちらはAutodesk社の3DCGソフトの3ds Maxです。
d0306379_1829522.png
現在は自分自身をモデリングしています。
テクスチャ(表面に貼るシールのようなもの)は撮影した写真を加工して使っています。
画面の中にちっちゃい自分がいるととっても気持ち悪いですね・・・。(汗
いくら写真を加工して貼っても、モデリングが自分の骨格をしていないと
別人が生まれてしまうので、みんな四苦八苦しながら制作しています042.gif



次に2DCGソフトを紹介します。
皆さんも一回は耳にしたことはあるAdobe社のPhotoshopというソフトです。
d0306379_18301229.png
これは、絵をかくことのほかに、写真加工や3Dに貼るテクスチャ制作に使います。
たくさんの機能がありますが、まだ全然使いこなせていないので早くマスターしたいです!
ちなみに、ゲームCGデザインコースはこのPhotoshopをよく使います。


続いて、こちらは同じくAdobe社のIllustratorというソフトです。
見た目はPhotoshopとあまり変わりませんが、中身は全く違います。
d0306379_18304423.png
Photoshopがペイント系ソフト、Illustratorがドロー系ソフトに分類されます。
どう違うのか?というと…こちらは分かりやすく説明しているサイトなどがあるので
興味のある方は是非調べてみてください!(「ドロー ペイント 違い」などで検索

ドロー系ソフトは、拡大しても画像がギザギザにならないメリットがあり
おもに印刷物(雑誌、パンフレット、チラシ)やWeb素材などに使われます。
しかし直感的に絵が描けるPhotoshopとは違い、
ベジエ曲線など、パスといわれるものを使って線を引かなければいけないので、
慣れるのに、すごーーーーーく苦労します。

上の画像は、現在製作途中の「車写真のトレース」です。
写真をもとにひたすらパスを引く練習をしています。
私もですが、クラスのみんなもIllustratorが苦手という人が多いです(笑)




と、ざっくりではありますが今日紹介したものを使い課題に励んでいます。

この学校に入って初めて触るものばかりでしたが、
先生が分かりやすく(時には厳しく!)指導してくださるので、
この1年でみんな基礎的な使い方や技術力を身につけることができました。


今日は、都合で私の作品ばかりになってしまいましたが
今後は色々な人の作品をこのブログで紹介したいと思います!

他にも違う画材やソフトを使う授業もありますがこちらもまた機会があるときに。。。
[PR]
by gakuseiblog | 2013-06-11 11:58 | CGスペシャリスト学科
どうも、高度情報学科の田中です。
今回は第6回になります。

6月1日に保護者説明会が開かれました。
僕も呼ばれて30分くらいディスカッションをしました。
何をやったかというと、質問されてそれを答えていくというシンプルなものです。
しかし、僕は当日ガッチガチでした(笑)
なにせ大勢の大人たちに見られながら質疑応答という
行為自体、普段の生活にはないですね。
なかなか貴重な体験でした。(エラー!エラー!思考停止中!)

真ん中の青い机の方にディスカッションする生徒が座りました。
d0306379_20594092.png

↑↑ネームプレート付きの席で、謝罪会見をさせられてる気分(´・ω・`)↑↑

もっとたくさん話して、うまく伝えられたらなと
悔いが残る次第です。 m(__)mシェイシェイ、シェイシェイ
さて、今回ボクは学校の外へ進出したいと思います。 (;´Д`)┛
今回ボクは「夢プロジェクト2013」に行ってきました。

"夢プロジェクト2013"とは

中部の企業が集まり、IT業界やインターンシップについて
説明してくれるイベントです。
先週から担任の先生がちょいちょい紹介してくれたので
行ってみることにしました。

名古屋の"ウインクあいち"という建物の18階に
出展していて、学校からめっちゃ近いです。
なので、学校の授業が終わってから
行ってみました。
↓↓こ、これがウインクAICHIかっ(((;゚Д゚)))
d0306379_21463035.jpg



さあいざ出陣の時です。
我が仲間たち4,5人とともにスーツを着て
18階へ乗り込んでみました。 ( ゚ο゚)ノ オオォォォ-


さっそく説明会に乗り込み、企業の人たちの
話を聞いていると、「うちの会社を知ってほしい、インターンシップを通じて
IT業界を知ってほしい」という気持ちがとても伝わりました。


いやぁ行って良かった。
インターンシップについて、また就職活動やIT業界について
いままでの見方が変わりました。
やはり、トライデントの担任制だからできる就活ケア
あるんだなと思いました。(そろそろ締めるか・・・)
まだ就活生ではないのですが、
備えあれば憂いなしでゴザイマス。。

それでは・・・(今回:いつもの反省→説明→フワッと終わる)
071.gif第6回、終わり!071.gif
[PR]
by gakuseiblog | 2013-06-07 22:59 | 情報系学科

こんにちは、Webデザイン学科2年生の村上です。


今回はWebデザイナーに求められるスキルの一つとして、プログラミングの授業を紹介したいと思います。



Webデザイナーの仕事は、なにもイラスト表現やページレイアウトを考えるだけではありません。


コーディングと呼ばれる、プログラムに似たような言語を使用してサイトを制作するのも仕事の一つです。


例えば、下の画像。


d0306379_17331037.png


左は私のブログのページですが、このページを表示させるためには、右のようなコーディングが必要です。



他にも、1年生はプログラミングに慣れるために「Proccessing」という言語を勉強します。


グラフィック制作や配色を考えるなど、クリエイティブなイメージが強いWebデザイナー。


ですが実際は、PCと向き合ってキーボードをひたすら叩くことのほうが多いです。


みなさんが考えていたイメージを壊してしまったらすいません。


ですが、プログラミングができるようになるとグラフィックよりもクリエイティブで華やかな表現ができるようになります。



以下の2つのサイトはプログラミング作品をまとめたサイトです。


Proccessing公式サイト


jsdo.it



プログラミングで表現された有名なアーティストのサイトもあります。


Perfume Global Site





いかがでしょうか。


少しでもプログラミングに興味が出てきた方は、ぜひとも体験授業にお越しください。


きっと、新しい価値観が生まれると思います。


[PR]
by gakuseiblog | 2013-06-05 18:00 | Webデザイン学科